2017年5月30日火曜日

"エイジングで美しさを増す金無垢ケースのスミス・デラックス"



■スモセコ・2トーン・デラックス
スミス・デラックスの中でも最も人気の高いこのモデルは、金無垢、金メッキともに1950年代に生産されていました。水分などの侵入が無ければ、特にマット・ホワイトのセンター部分に味わい深いエイジングの表情が現れます。
デラックスやアストラルなどのハイグレード・モデルには100年後にどんな経年変化が現れるかを考えた素材選びを行っていたといわれています。


※このモデルの商品ページはこちら

■スモセコの存在意義と魅力
スモール・セコンド・ダイアル、略してスモセコは小さな時計の文字盤に、さらに凝縮間と複雑さを与えます。時計の構造上、シンプルに秒針を取り付けると必然的に6時の位置となります。つまり複雑に見えるスモセコですが、実は腕時計の原点でありベーシックだったのですね。そのためスモセコが、デザイン的にトラディショナルな雰囲気を与え、ヴィンテージの味わいを深めているのというわけです。




■センターセコンドのデラックス
そうなると、センターセコンドの構造も気になりますね。実はシンプルに見えるセンター・セコンドはスモセコのムーブメントをベースにギアを追加して秒針を移動しているため、ムーブメントはスモセコよりも複雑にできているのです。機械好きには、分かりますね!スモセコ15石、センター・セコンド17石の理由が…!?
答えは、いずれ、ブログにて紹介いたします。


※このモデルの商品ページはこちら


■375は9金無垢ケースの証
写真に移っている375の数字。これはケースに含まれる金の比率を表しています。スミスの金無垢ケースは9金。純金は24金ですから24の37.5%、つまり24に0.375を掛けると答えは9となるわけですね。
9金無垢は金の他に真鍮や銅などが混ざった合金なのですね。そうなると、スミスが9金を選んだ理由も気になります。こちらも、またの機会に…。



■マグナムサイズのスミス・デラックス
スミス・デラックスの中でも外径35mm以上の物を英国ではマグナム・サイズと呼んでいます。デラックスの中でも、特にフラッグシップ・モデルには、このマグナムサイズの9金無垢ケースが使われています。当然、サイズが大きくなる分、金の質量も増えることになり販売価格にも反映されていました。





※このモデルの商品ページはこちら



■文字盤にも拘りが
マグナムサイズのフラッグシップモデルは、その大きさだけではなく、文字盤にもフラッグシップにふさわしい拘りが注ぎ込まれていました。
やや、グリーンがかったグレーの盤面はこのモデル独特な斑点状のエイジングを見せます。また、長短針のメッキも他のモデルと材質が異なっているようで、赤っぽい斑点が浮かび上がります。
そして、銅の割合が多い9金無垢ケースはピンクゴールドに近い輝きを見せます。


■上品で美しいケースのデラックス
このデラックスはデニソン社製アクア・タイト・ケースに地紋の美しいセンター・セコンドが気品を感じさせるデザインが魅力です。
英国の名門ケースメーカーのデニソン社の製品は、防水機能や高い工作精度などの技術的な魅力に留まらず、計算されつくした美しいラインなどのデザイン性も魅力です。
知れば知るほどに、味わいを感じられる、云わば大人のデラックスと言えるでしょう!




※このモデルの商品ページはこちら


■繊細な地紋は最大の魅力
さらに、この時計の最大の個性はなんといっても文字盤の繊細な地紋と言えるでしょう。淡い光と影とが織りなす微妙なニュアンスにより上品で軟らかい質感を作り上げたスミスのセンスは、英国の一級品と呼ぶにふさわしいと言えるでしょう。このデラックスを見ると、世界のラグジュアリー・ブランドのエルメスをはじめとするベンソンやアスプリーがスミスに製作を依頼していたことにも頷けます。































2017年5月13日土曜日

スミス一筋10年以上


■英国車のメーターにより日本でも知名度を上げたスミスの時計
ミニやMGそしてロールスロイスに至るまで、英国ヴィンテージ・カーのメーターの殆どをスミス社が製作していたことから、英国車オーナーの間では、スミスの時計を愛用するのがトレンドになっています。

■スミスは正規輸入されなかった
1970年代頃より、英国車のオーナーの間で、スミスの需要が高まりました。ところが、スミスの時計は日本へ正規輸入されていなかったことから、手にすることのできるスミスは、使い古された中古品ばかりでした。

スミスは壊れて当たり前?
当時、日本ではパーツもノウハウもなかったため、コレクターがやっとの思いで手に入れても、使い古しの個体ばかりで、スミスは壊れる、スミスは精度が悪いというレッテルを貼られ、部品がなかったことから時計店には見向きもされない存在でした。

■2005年、スミスの修復プロジェクトを立ち上げる
壊れたら直らないと言われていたスミスを何とか「実用に使える時計」にしたいという気持ちで立ち上げたのが、ビッグベアーのスミス修復プロジェクトでした。そして、スミス本来の品質、精度、そして、英国でのパーツ供給を徹底的に検証しました。

■本来、高品質で精度の高いスミス
スミスのハイグレードモデルであるデラックスやアストラルを分解し、その工作精度を検証してみると、その品質は、スイスの名門メーカーのそれらに引けを取らない高性能であることが分かります。正しいメンテナンスを施せばスミスは一級品となりえるのです。

■一部に欠陥が見つかり対策部品を製作
ただし、竜頭の動きを制御しているスプリングの耐久性に問題があり、スミス固有の不調は、ほとんどこのスプリングに起因していることが判明。ビッグベアーでは国内の時計部品メーカーに依頼し、対策部品を開発。一年間の保証付が実現しました。



■英国でのデッドストック・パーツ集め
スミス社は現在、時計事業は行っていません。そのため、ビッグベアーでは英国各地の廃業となった時計店よりデッドストックのパーツを集めたり、レンズなど汎用性のあるパーツはスイス製などの新品を取り揃え、部品の確保を行っています。


■オリジナルを見極める知識
長年使われた時計は、その過程で部品交換などが行われ、オリジナルでないパーツが組み込まれた個体も少なくありません。スミス専門店として10年以上のキャリアを生かしオリジナリティーの高いアイテムのみを厳選しています。








■オリジナリティ、リライアビリティ、ギャランティの三つの安心
ウォッチギャラリー・ビッグベアーでは、①正しい純正パーツの使用 ②新品当時の性能の維持 ③一年間の保証付、というヴィンテージ・ウォッチでは実現が難しかった三つの安心とともに、10年以上のキャリアを裏付けに、スミスをお届けしています。



2017年5月2日火曜日

個性派デラックス3点



スミス・デラックスは
もともと、トラディショナルなデザインが特徴ですが
中でも味わい深い個性を放つ3点を紹介致します

金メッキケースのこのデラックスは、特徴的な2ピースケースも魅力のひとつではありますが、なんといっても文字盤のユニークさに惚れ込んでしまいます。
全体にエイジングが進んでいますが、実に雰囲気良くヤレています!
でも、メカニズムは完璧に整備済!
このギャップがカッコいい!

お次は、スミスの中ではとても稀少なブラックフェイス。その中でも、アラビア数字と楔インデックスのデラックスはスーパー・レア・アイテム!
各部にエイジングが見られますが、このブラック・フェイスは見逃せませんね。
もちろん、しっかり整備されて、良い精度を保っています!


最後は青焼き針のレア・モデル。金無垢ケースのデラックスでは定番のフェイスですが、メッキケースで探すと、なかなかお目にかかれません。
ブルースチール好きにはたまらないお手頃価格のデラックスです!
見た目とは裏腹に、ムーブメントは信頼性の高い15石で、バッチリ整備済みです。


今回、ご紹介のデラックス3本はビッグベアーのショッピングサイトで販売中です。

お問い合わせはこちらから。