2017年5月13日土曜日

スミス一筋10年以上


■英国車のメーターにより日本でも知名度を上げたスミスの時計
ミニやMGそしてロールスロイスに至るまで、英国ヴィンテージ・カーのメーターの殆どをスミス社が製作していたことから、英国車オーナーの間では、スミスの時計を愛用するのがトレンドになっています。

■スミスは正規輸入されなかった
1970年代頃より、英国車のオーナーの間で、スミスの需要が高まりました。ところが、スミスの時計は日本へ正規輸入されていなかったことから、手にすることのできるスミスは、使い古された中古品ばかりでした。

スミスは壊れて当たり前?
当時、日本ではパーツもノウハウもなかったため、コレクターがやっとの思いで手に入れても、使い古しの個体ばかりで、スミスは壊れる、スミスは精度が悪いというレッテルを貼られ、部品がなかったことから時計店には見向きもされない存在でした。

■2005年、スミスの修復プロジェクトを立ち上げる
壊れたら直らないと言われていたスミスを何とか「実用に使える時計」にしたいという気持ちで立ち上げたのが、ビッグベアーのスミス修復プロジェクトでした。そして、スミス本来の品質、精度、そして、英国でのパーツ供給を徹底的に検証しました。

■本来、高品質で精度の高いスミス
スミスのハイグレードモデルであるデラックスやアストラルを分解し、その工作精度を検証してみると、その品質は、スイスの名門メーカーのそれらに引けを取らない高性能であることが分かります。正しいメンテナンスを施せばスミスは一級品となりえるのです。

■一部に欠陥が見つかり対策部品を製作
ただし、竜頭の動きを制御しているスプリングの耐久性に問題があり、スミス固有の不調は、ほとんどこのスプリングに起因していることが判明。ビッグベアーでは国内の時計部品メーカーに依頼し、対策部品を開発。一年間の保証付が実現しました。



■英国でのデッドストック・パーツ集め
スミス社は現在、時計事業は行っていません。そのため、ビッグベアーでは英国各地の廃業となった時計店よりデッドストックのパーツを集めたり、レンズなど汎用性のあるパーツはスイス製などの新品を取り揃え、部品の確保を行っています。


■オリジナルを見極める知識
長年使われた時計は、その過程で部品交換などが行われ、オリジナルでないパーツが組み込まれた個体も少なくありません。スミス専門店として10年以上のキャリアを生かしオリジナリティーの高いアイテムのみを厳選しています。








■オリジナリティ、リライアビリティ、ギャランティの三つの安心
ウォッチギャラリー・ビッグベアーでは、①正しい純正パーツの使用 ②新品当時の性能の維持 ③一年間の保証付、というヴィンテージ・ウォッチでは実現が難しかった三つの安心とともに、10年以上のキャリアを裏付けに、スミスをお届けしています。